学生生活さようなら。

どもです。放置してごめんなさい。 二ヶ月ぐらい実家でまったりしてました。途中妹の...

» 続きを読む

| | コメント (33) | トラックバック (0)

彦根のよいにゃんこ

どうもお久しぶりです。 別に忙しかったわけでもなくだらだらだらだらしてただけなの...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (1)

限りなく上向き、永遠に愛らしく。

ベルばらマスカラ買ってみました。 カールがよかったのでアントワネットの方を。 入...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (1)

人生の分岐点・・・

バイトで色々ミスっちゃいましたー。 でもきちんと注意してくれてありがたいです。 ...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

面接ついでにちょっと帰省

久しぶりに結婚式二本・・・あ、足が・・・痛い・・・。 明日は夜行で北海道へ。その...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚デビュー

帰国した日にちょうど東京で雪組エリザ公演されてたので、見に行こうかな、と思ってた...

» 続きを読む

| | コメント (52) | トラックバック (0)

Wien Musical Concert レポ

もう一週間経ちましたか。早いなあ。

今回の旅行は、もともと宝塚見に来ない?と誘われたことがきっかけだったのですが、ちょうどいい具合にこちらのウィーンミュージカルコンサートも同時期に公演されていたんです。
そりゃもう、自称独語ミュオタクとしては行くしかない、と。
ほんと行けて良かった。

というわけで語ります。好きなだけ。長いです。

席は三階でしたが、前の方だったのでよく見えました。
zaoが双眼鏡貸してくれたので(ありがとう!!)表情まで見ることできたし。
平日の昼だったので結構すいていたかな。サイン会があったとはいえ。
客層は私たちより年配の女性が多かったですね。

出演者のほとんどが私がドイツにいた頃に日本でエリザに出演していた人。
なので生で見たのは初めてです。
ただ一人、アンドレさんはRebeccaに出演していたので久しぶりの再会になりますね。

では出演者の感想から。

マヤさん→エリザベートと言えばPiaさんと並んでこの人ですよね。
歌はうまいし格好いいし、存在感抜群でした。さすが皇后。
若い女の子枠はマジャーンに譲り、強くて格好いい、時には優しい女性担当。
でもやっぱりエリザベートが一番しっくり来て良かったな。

マテ→生で見る前は断然Uweトート派だったのですが、すっかりマテトートに惚れてしまいました。
色っぽくて怪しげで、格好良くて。私も死の世界にエスコートしてもらいたくなった(笑)。
どこかでマテの魅力はステージで見ないとわからない、と言われていましたが、まさにそうだと思います。
違う役を演じていても、やっぱりマテはマテトートでした。
マテマキシムはあり得ないと思ったし。やっぱりマテは強引で悪者っぽくて強い役じゃないと。
とはいえUweが演じた役の歌をそのままマテが歌ってる場合が多かったですね。
若い男の子はルカス君がやっちゃってるしなあ。
個人的にマテヘルベルトとルカスアルフレッドのデュエットが聴きたかった(笑)。

ルカス君→何か君付けしたくなるんだが・・・可愛いからかな。
王子様みたいに整った顔立ちで、写真で拝見していつか会ってみたいなあ、と思っていたのですが、生で見てもやっぱり格好良かった(笑)。
イメージ通り、儚くて脆い役が多いですね。声も優しそうで穏やかだし。
もう少し時間が経てば、アンドレさんのような素敵な紳士の役がぴったり来そう。
この人のルドルフ、イメージそのままで好きだ。

マジャーン→『だいふくもち』が好きな女の子(笑)。
言動も声も顔も、全てが可愛らしかった。
若いからSissiみたいな女王様の役はまだできなさそうだね。
やっぱりルカス君とのデュエットが多かったな。美男美女カップルで美しかったです。
この二人、付き合ってるって聞いたけどどうなのかな?
どれも良かったけれど、Rebeccaのich役が年齢的にもいい感じで合っていたし、可愛かった。映画のichみたいでした。

アンドレさん→優しくて穏やかなおじさまをやらせたら右に出る者はいないと思います。
マキシムはUweより本物(映画のマキシム)っぽくて良かった(笑)。
怖いおじさん(クロロックとかレオポルドとか)でもこの人が演じれば優しい紳士に早変わり。
時々マテと同じ役を演じてましたが、対照的で面白かった。

エリザのDVDに出てきた四人にオリジナルロメオとユリア・・・豪華だ。豪華すぎる。
こんな東洋の片隅にまで来てくれてありがとうございます・・・。
取り上げられていた作品も実際に見に行ったりDVDで見て思い入れがある作品が多かったし、一応全てCD持っていて聞き慣れたものばかりだったので、満足度的にはケルンの半分CMのコンサートよりも数倍上です。
舞台装置はほとんどなかったけれど、衣装は何となく作品をイメージしてくれていましたし。
今回のコンサートは去年日本でエリザを見て独語ミュに興味持った人の為に、他の作品も紹介してはまってもらう、という意図がありそうですね。
欲を言えばウィーンだけじゃなくてドイツのも混ぜて欲しかったなあ・・・まあ会社が違うんだろうから無理か。

次、パンフを見ながら作品ごとに軽く(?)感想。
そう言えばこのパンフ二千円もしたよね・・・高いよね・・・。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるされざる恋?

一夜にしてヅカ一色(?)になった冷蔵庫側面。 帰ってきた時、机の上に宝塚市から出...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«上洛します